中国で新サービス「傘シェアリング」、開始3ヶ月で悲劇がwww

Pocket

貸した傘30万本行方不明w

「シェア」 それはモノを貸し借りすること。

信頼できる相手通し、困った時は助け合い。まさにそんなところだ。

しかし今中国ではこの「シェア」に関して物議を醸している。

「傘のシェアサービス」

急な雨は困り者。

もしも手軽に傘を借りれたら。

その悩みを解決するかのような画期的なアイディア!?

傘のシェアサービス


これは傘が必要な時に手軽に借りられるというものだが。

盗難相次ぐw

サービス開始からわずか3か月間で30万本の傘が元に戻らず行方不明というw

いや、まあそうなるわな。

ちなみに今回のプロジェクトでは、約1億7000万円の予算がかけられているw

大損害なサービスに!?

今回のサービスは国内11の都市で開始された。

そのため国家予算2億近くかけられたというわけだ。

使用の流れは

傘を使用する際にスマホアプリを使用する。

、まず約320円のデポジットを支払う。

するとパスキーが送られ、それを使って傘をアンロックするって感じだ。

ちなみに、利用時間30分頃に約8円かかるという。

すごく画期的でいいんだけど、傘パクる人出て来てもおかしくないわな

まとめ

いやあ、すごく面白いんだけど、「パクられ補充」を繰り返してたら大損害ですわ。

今後の改善策が気になる。

Pocket

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク
トップへ戻る